吹き出物が出てしまう原因と対策を知って悩みを解決しよう

吹き出物が出てしまう原因と対策を知って
悩みを解決しよう

吹き出物の種類と症状

吹き出物は症状の色で種類を分けることができます。初期症状の吹き出物から、状態が悪化しているものまで様々です。吹き出物の色は白・赤・黒の3つの色で分けることができます。自分の吹き出物の症状がどのような状態なのかを見分けるようにしてください。それぞれの症状で、初期の段階から病院で診察してもらったほうが良いレベルまでを分けることができます。

吹き出物の初期症状のときは白くなります。毛穴に皮脂が詰まってしまい、表面が閉じている段階だと白から乳白色に見えます。この段階であれば症状が初期と判断できるので、早期治療で解決することができます。

吹き出物の色が黒くなってくると進行している証拠です。毛穴に詰まっている皮脂が酸化して黒くなり、盛り上がってきて穴が開いてしまった状態です。黒い色の吹き出物はまだ進行している段階で悪化しているわけではありませんが、早期治療を心がけることが重要になります。

症状が悪化しているのが赤色の吹き出物になります。黒色の状態でさらに毛穴に細菌や雑菌が繁殖してしまうと赤くなってしまいます。これは炎症を起こしているレベルになってくるので、赤く腫れあがっているような状態が顔に広がっているのであれば、早いうちに病院に行って診察を受けることをおすすめします。